展覧会実績exhibition achievements

24th OASIS 2019 Osaka & Paris

24回目を迎えた「OASIS」。会場は、ビジネス街でありながら大阪城公園の近くにあるため、仕事帰りや子どもの手を引きながら観に来られるアートファンで賑わいました。今回の「OASIS」は、東京で国際的なスポーツの祭典が開催される2020年以降を見据えレガシー創出のために設けられた、日本文化の魅力を発信する国家的な文化プログラム「beyond2020」の認定事業のひとつとして開催。本展でも、事業理念に基づき、言語の壁を超えた芸術による文化交流を行いました。

5月17、18日には総合監修者アルフォンソ・ゴンサレス=カレーロ氏とアラン・バザール氏が、会場を訪れた出展者を対象に出展作品を講評されました。スペインの国家美術鑑定士でギャラリストでもあるアルフォンソ氏と、世界最古の公募展「ル・サロン」の絵画部門代表を務めるバザール氏。出展者は、グローバルな視点で語られる2人のコメントに熱心に耳を傾けていました。

また、3日間の会期を通し、画材メーカーのホルベイン画材株式会社協力のもと、ワークショップを開催。同社の水彩色鉛筆やパステルなどを使って、大人から子供までが塗り絵や制作体験を楽しみました。

大阪展終了後は、芸術の都・パリに巡回。16区トロカデロ広場近くの新進気鋭の画廊リンダ・ファレル・ギャルリーで、6週間に渡り現代日本の芸術を展観したこの芸術祭には、多くのアートファンから大きな注目が集まりました。

名 称

beyond2020認証プログラム 24th OASIS 2019 Osaka & Paris

総合監修

アルフォンソ・ゴンサレス=カレーロ、アラン・バザール、アヌッシュ・マスク

会 期

【大阪展】 2019年5月17日(金)〜19日(日)
【パリ展】 2019年6月13日(木)〜7月23日(火) ※毎週展示を入れ替え、計6週にわたって開催

会 場

【大阪展】OBPツイン 21アトリウム1F特設大ホール (大阪市・京橋)

【パリ展】リンダ・ファレル・ギャルリー(フランス・パリ)

後 援

文化庁/大阪府/大阪市/大阪市教育委員会/駐日スペイン大使館/モナコ公国政府観光会議局/NPO法人大阪ユネスコ協会/クールジャパン機構/公益財団法人関西・大阪21世紀協会/公益財団法人大阪観光局/株式会社共同通信社/ホルベイン工業株式会社/ホルベイン画材株式会社/松田油絵具株式会社/株式会社ターレンスジャパン

協 力

ユネスコ公認国際美術連盟モナコ公国委員会/アンバサド・アンテルナショナル・デザール/A.M.S.C./関西活性化プロジェクト

協 賛

株式会社パズル 

美術・絵画の公募
麗人社では展覧会の作品を募集します

topへ