工藤村正 来日記念展 

名  称 工藤村正 来日記念展
会  期 2012年1月11日(水)~2月10日(金)
時  間

11:00〜19:00
(1月11日は11:00〜21:00、1月21日は11:00〜20:00)

休 廊 日 日・月曜日
イベント


1月11日(水) オープニング・レセプション
1月21日(土) ギャラリートーク
        司会:ミレイヒロキ(現代美術家)
お問い
合わせ先
REIJINSHA GALLERY, Tokyo 
〒104-0061
東京都中央区銀座6-7-2 みつわビルB1
TEL:03-6215-6022
   
 
大きな地図で見る

工藤村正について公式ホームページへ


アメリカ在住の日本人アーティスト工藤村正が帰国するのを機に、今回REIJINSHA GALLERY, Tokyoに於いて「工藤村正帰国記念展」を開催することになりました。 工藤はアメリカを中心に世界各地で活躍しており、その作品を多くの著名人が自らのコレクションに加えるほど人気の高いアーティストです。

工藤作品の最大の魅力は、そのシンプルな描線にあります。少年時代に書道を学び、15歳にして国際親善書道展最優秀賞を受賞したほどの技量を誇る工藤。彼は書で培った線の美しさを絵画に応用し、古典と現代、東洋と西洋を見事に融合させた独特の工藤芸術を創造しました。

日本のアートのメッカ、銀座に2012年新春オープンするREIJINSHA GALLERY, Tokyo。新しい画廊の初めての展覧会で、この素晴らしいアーティストを日本の美術ファンの皆様に紹介できることを光栄に思います。

REIJINSHA GALLERY, Tokyo

アートの力で復興支援を。-Artist Scramble-

東日本大震災の復興支援活動のひとつとして、工藤村正氏が発起人となり、世界中の様々なアーティストに支援を呼びかけるため、インターネットのfacebook内に立ち上げたページが「Artist Scramble」です。

この活動の中で集められた義援金は、被害を受けた東北の美術に関する施設などへの復興支援活動に全額寄付する事となりました。「Artist Scramble」に賛同する全てのアーティスト、美術関係者は、一刻も早い復興の実現を心から祈念しています。

経歴

1948
6月9日生
1955 書道を始める。恩師は水茎書道院の間山陵風先生。
1963


国際親善書道展(参加13ヶ国);最優秀賞受賞、国際親善書初書道展;金賞受賞、 日中国際書道展;銅賞受賞、その他多数の優秀賞を受賞。
1980 渡米、ロスアンジェルスに定住。
1981 D.J.Lギャラリー(ロスアンジェルス)にて初個展。
1983 ニューヨーク アートエキスポに出展。
1984 USA公募展入賞全米の美術館で巡回展示される。  
1985 ロスアンジェルス・アートエキスポの公式ポスターを制作。
1993

クドウスタジオを設立し、若いアーティストの芸術文化サロンとして開始。
1994


青森県立図書館の新館落成にともない大作を制作、寄贈。
毎日新聞社主催/地方自治大賞;最優秀グランプリ賞のブロンズ像を制作。
1995

幕張メッセ;アーティストによる阪神大震災の被災者救済基金に招待参加。
1999

大阪市天王寺、稱念寺(しょうねんじ)本堂落成に伴い、作品『花祭り』を寄贈。
2000




ベルギー王室のプリンス・チャールズ・アントワ・デ・リーン及び、プリンス・ロドリグ・ドゥ・アレンバーグの協力のもとにヨーロッパでの活動を開始。
ヒラリー・クリントンのレセプションにアジアン・ソサエティー議長として招待される。

個展歴(順不同)

米国
 

セレンディピティ・ギャラリー
(カリフォルニア州ロスアンジェルス)
ハンセン・ギャラリー
(ニューヨーク州ロングアイランド)
D.ジェナーロ・ギャラリー
(カリフォルニア州サンタモニカ)
ダイアンセンギャラリー
(カリフォルニア州ビバリーヒルズ)
47ギャラリー
(ニューヨーク州ニューヨーク)
タッチストーン・ギャラリー
(カリフォルニア州ロスアンジェルス)
スターリング・ギャラリー
(カリフォルニア州ロスアンジェルス)
パックスギャラリー
(カリフォルニア州ロスアンジェルス)
ラハイナ・ギャラリー
(カリフォルニア州ニューポートビーチ、他)
   
日本
 
  高島屋大阪店グランドホール(大阪府大阪市)
青森県立文化会館(青森県青森市)
ホテルニューオータニ(東京都港区)
小石川画廊(東京都文京区)
宗画廊(東京都港区)
しぶや美術館(広島県福山市)
東京美術倶楽部(東京都港区) 
元麻布ギャラリー(東京都港区)
 
復興への願いを込めてサーフボードに描いた「海の女神」

主なコレクター(敬称略、順不同)

■オリバー・ストーン(映画監督)
■オリビア・ニュートンジョン(シンガーソングライター)
■クリントン・ライブラリー(クリントン財団)
■ケニー・ロジャース(歌手)
■ジャネット・ジャクソン(歌手)
■トニー・ベネット(歌手)
■バート・バカラック(作曲家)
■バート・レイノルズ(俳優)
■パコ・デ・ルシア(ギターリスト)
■ビル・クリントン(元アメリカ大統領)
■フィリップ・トルシエ(元ワールドカップ監督)
■フランシス・フォード・コッポラ(映画監督)
■プリンス・チャールズ・デ・リーン(ベルギー王室)
■プリンス・ハムード・スワド(サウジアラビア王室)
■ホワイトハウス(アメリカ)
■マイケル・ジャクソン(歌手)
■マーク・アントワ(ギターリスト)
■ライオネル・リッチー(歌手)
■ラウル・ジュリア(俳優)
■ロナルド・レーガン(元アメリカ大統領)
■14代 武蔵川親方(前相撲協会理事長)
■石田 純一(俳優)
■岩城 滉一(俳優)
■大倉 正之助(能楽囃子大倉流)
■川島 文夫(美容師)
■木村 明子(獏エンタープライズ)
■桑名 正博(歌手)
■真田 広之(俳優)
■志村 けん(タレント)
■谷村 新司(歌手)
■デーモン閣下(歌手)
■鳥居 ユキ(ファッションデザイナー)
■なかにし 礼(直木賞作家、作詞家)
■中山 秀征(タレント)
■長沢 純(歌手)
■三国 清三(オテル・ド・ミクニ)
■山本 耀司(ファッションデザイナー)
■吉 幾三(歌手)

 

 

PAGETOP