展覧会実績exhibition achievements

第28回
雪舟国際美術協会展

昨年に引き続きコロナ禍での開催となった第 28 回雪舟国際美術協会展ですが、会期中は感染状況が比較的落ち着いていたこともあり、前回は観覧を自粛したという方も大勢来場されたようです。2007 年の第 14 回展以降、毎年 12 月の国立新美術館での開催が恒例となった雪舟国際美術協会展。今年は「書画はもっと自由になれる」という展覧会のキャッチフレーズそのままの力作が全国から228 点集まったほか、学生出展作品や特別展示作品、参考展示作品、計 253 点の書画が会場を彩りました。出展者からは他の公募展と異なり「二段展示がなくて作品と作品の間隔も広く、一点一点をじっくり拝見できた」との声も聞かれました。
今展は展覧会情報サイト「おさんぽ美術館」で紹介され、多数のアクセスを記録しました。また、練馬区立光が丘第三中学校の生徒たちが美術館見学で来場し、タブレットで作品やキャプションを撮影するなど、今の時代ならではの方法で鑑賞する姿が見られました。こうした経験を今後の開催に活かして、さらに充実した展覧会運営を図っていきたいと思います。

名 称

第28回 雪舟国際美術協会展
The 28th Sesshu International Art Society Exhibition

会 期

2021年12月8日(水)〜19日(日)

会 場

国立新美術館(1階展示室1C・1D)

主 催

一般社団法人 雪舟国際美術協会

後 援

岡山県総社市/井原市/島根県益田市・益田市教育委員会/広島県三原市/山口県防府市・山口市/中国・中国美術学院/中国・浙江画院/中国・曹州書画院/中国・浙江省文化芸術発展有限公司/中国・寧波市藝雲堂文化交流中心

協力

益田市雪舟顕彰

国内外の美術展への作品発表
まずはお気軽にお問い合わせください

TEL. 06-6345-9950
お電話によるお問い合わせ(10:00~18:00/土日祝を除く)
topへ