出版実績publication achievements

「美術屋・百兵衛」2018年冬 No.44 鳥取特集

鳥取を美術する
2018年1月11日(木)発売
定価:定価500円(税込)

鳥取といえば鳥取砂丘を思い浮かべる方が多いでしょうが、実はアートが盛んな土地だということをご存知でしょうか? 世界的写真家・植田正治や『ゲゲゲの鬼太郎』の生みの親、水木しげるを輩出しています。
過去だけだなく、現在も芸術に熱い鳥取県。倉吉市明倫地区では、現存する日本最古の円形校舎をフィギュアミュージアムに生まれ変わらせて町を盛り上げようと、今年4月の開館に向け、着々と準備が進んでいます。
また、カナダやニューヨークを中心にボールペン1本で約20年腕試しをして、満を持して日本に帰ってきた異色のアーティスト・永本冬森のインタビューも掲載。世界を股にかけて活躍してきた彼は、なぜ山陰地方を活動拠点に選んだのか?
その他鳥取県立博物館や米子市美術館、鳥取民藝美術館なども紹介。鳥取芸術の今が全てわかる、そんな一冊です。

国内外の美術展や美術書への作品発表
まずはお気軽にお問い合わせください

TEL. 06-6345-9950
お電話によるお問い合わせ(午前10:00~午後6時/土日祝を除く)
topへ